当院における検査について

検体検査

血糖、糖負荷試験、HbA1c、血液像、末梢血数、赤血球沈降速度、尿一般、尿沈渣、生化学検査を行うことが出来ます。結果が出るまでの所要時間は、糖負荷試験は2時間、生化学検査は30分、その他は10分程度となっておりますので、検査当日にほぼ全ての結果をお知らせすることができます。

生理検査

頸動脈・甲状腺エコー、眼底カメラ、心電計、筋電計、API/PWV、超音波骨評価といった検査機器を備えております。

生理検査を受ける患者さまへ

検査毎に検査時の服装、方法、所要時間をご紹介いたしますので、検査を受ける際の参考にしてください。

頸動脈・甲状腺エコー

服装
首元がよく見えるような服装(前開き)
方法
皮膚と超音波を出すプローブとの間に空気が入らないように、首にゼリーを塗ります。プローブを押し当て断面層の画像を観察します。
時間
15分程度

上下腹部エコー

服装
脱ぎ着しやすい服装
方法
皮膚と超音波を出すプローブとの間に空気が入らないように、腹部にゼリーを塗ります。プローブを押し当て断面層の画像を観察します。(上腹部エコー検査の際は、空腹の状態(禁食12時間程度)で行います。下腹部エコーについては尿を貯めて行います)
時間
30分程度

眼底

服装
眼鏡、コンタクトレンズは外して頂きます
方法
網膜を撮影します(瞳孔を開く点眼薬を使用する場合があります)
時間
10分程度

心電図、24時間心電図

服装
足首、手首、胸が見える格好(タイツやストッキング着用の場合は、検査が出来ませんので脱いでからの検査となります)
方法
心臓の動きを波形で表示します
時間
5分程度(24時間心電図の場合はホルターと呼ばれる装置を装着して頂きます)

筋電計

服装
足首、手首が見える格好(靴下を脱いで、ズボンは膝上までまくり、手は肘までまくる)
方法
手と足の神経に微弱な電気を流し、電気が伝わる速度を波形で表示します
時間
20分程度(チクチクとした痛みを感じる場合があります)

API/PWV

服装
血圧を測定するので検査前に軽装になっていただきます
方法
両下肢(足首)、両上肢(腕)の血圧を測定します
時間
10分程度

超音波骨評価

服装
素足(靴下、タイツ、ストッキング着用の場合は検査が出来ませんので、脱いでからの検査となります)
方法
測定機器に足裏を乗せて、くるぶし辺りにゼリーを塗り骨密度を超音波で検査します
時間
2~3分程度